情報サイト

在日カンボジア王国大使館

在日カンボジア王国大使館の概要

在日カンボジア王国大使館は、日本で外交活動を行うための重要な拠点の1つです。

「各国の大使を長をする在外公館」といった立ち位置となり、外交使節の最上位の階級となる「大使」が常駐する国家機関を指します。

このサイトでは、在日カンボジア王国大使館についての情報をまとめています。

ですが、当サイトは公式のwebサイトではなく、単なる情報サイトとなります。詳しくは在日カンボジア大使館の公式webサイトをご確認ください。

大使館の役割

大使館は「大使が当該国で公務を行うための拠点」です。

カンボジアの大使が常駐して、様々な活動を行っています。

基本的に大使館は、当該国の首都に置かれる事から、在日カンボジア王国大使館も東京に位置しています。

 

入国ビザの発行

カンボジアに入国するためには「入国ビザ」を取得する必要があります。

在日カンボジア王国大使館では、ビザの申請も受け付けています。※大使館以外では、名誉領事館でも申請が可能です。

大使館、または領事館のホームページから申請書類をダウンロードして、必要事項の記入と証明写真・パスポートと一緒に提出します。

査証料金

観光ビザ:3,900円

業務ビザ:4,400円

受取は、申請の翌々営業日から可能となっていて、どちらのビザも発行日から3ヶ月有効、入国から1ヶ月の滞在が可能となっています。

大使館で働く人たち

大使館には「大使」以外にも、「行使」「参事官」「書記官(1~3等)」「理事官(1~3等)」といった外交官が働いています。

それぞれの仕事内容は異なり、自分が担当する問題について活動をしています。

大使館と領事館の違い

「大使館」と「領事館」の違いが分からないという人も多くいます。

簡単に説明すると、

大使館は、国と国の政治問題を担当

領事館は、当該国で暮らす自国民の保護や自国通商の促進を目的とした業務を担当

といった感じになります。

要するに、在日カンボジア王国大使館で働く人たちは、カンボジアと日本の架け橋となるために日々活動しているという事です。

大使館と公使館の違い

また、大使館と名前が似ている「公使館」との違いですが、こちらは「階級の差」となります。

大使と公使の活動内容は、どちらも国同士の外交交渉とあまり大きな違いはありません。

なので、当該施設を大使が使うのか、公使が使うのかといった点で施設の名前が変わるという事です。

因みに、階級としては大使の方が高く、大使の次点が公使となります。

新着情報

在日カンボジア王国大使館
情報サイト